トイレで水漏れが起こると住宅にどう影響するのか

トイレで水漏れが起こると住宅にどう影響するのか 排泄をするために必要不可欠な住宅の設備がトイレであり、現代の日本では一般的に水洗式のトイレが主流となっています。排泄物を下水に流すために水を使用しますが、近年は節水型のトイレなども普及しており、最小限の水で排泄物を流すことができるようになっています。しかし、それでも水漏れなどの水のトラブルが起こる可能性は0ではなく、トイレで水のトラブルが起こると甚大な被害につながる恐れもあります。そのため、ちょっとしたトラブルも見過ごさずにできるだけ早く対処をして、被害を最小限にとどめることが大切です。トイレで水のトラブルが起こった場合、給水管やトイレタンクのきれいな水ならある程度落ち着いて対処をすることができますが、万が一排水設備の方でトラブルが起こってしまうと、流したはずの排泄物が逆流してしまう可能性もあります。ここではトイレの水漏れの被害や修理方法などを紹介します。

■トイレで起こる水のトラブルはタンク関連が多い

トイレで起こる水のトラブルとして考えられるものは、いくつかあります。中でもトイレの水のトラブルでよく起こっているのが、トイレタンクからの水漏れです。トイレタンクには排泄物を流すための水が常に蓄えられており、トラブルが発生すると被害が大きくなる可能性が高くなります。給水管から水が漏れている、浮き玉が正しい位置にない、ボールタップに問題がある、オーバーフロー管に亀裂が入っているなどが原因となり、トイレのレバーを元に戻しても水が止まらず便器の中で水が流れっぱなしになるトラブルが起こります。清潔な水が便器の中に流れ続けているだけなら特に問題はないだろうと思う人もいますが、少量でも常に水が流れ続けているのであれば、それだけ水を使用していることとなり、上下水道の料金も加算されてしまうことになります。

■便器の水が溢れるトラブルは被害が甚大になる可能性も
トイレの水のトラブルの中でも、特に被害が甚大になりやすいのが、汚水が逆流するなど、便器の中の水が溢れて床などに広がってしまうパターンです。用を足した後に水を流して、排泄物を流したつもりが便器の水位が上がってしまい、汚物も一緒に溢れてきてしまいます。こうなるとほとんどの人はパニックに陥ることとなり、どう対処すべきがわからなくなってしまいます。便器の中の水だけならまだしも、普段であれば当たり前に流れていくはずの大便や小便、トイレットペーパーなども水と一緒にあふれてきてしまうことから、衛生面を考えても被害はとても大きなものになるでしょう。便器の水が流れない主な原因としては、便器の中に何かが詰まっている、もしくは汚水管の中に何かが詰まっていることが考えられます。便器の水が溢れてきた場合は早急に原因を特定して修理を依頼するようにしましょう。

■トイレの水漏れで起こる被害

トイレで水漏れが起こると、給水管やタンクの場合は水道料金が高くなることなどが考えられますが、便器の中に溜まっているはずの水が溢れ出てきてしまうと、給水管から床に水が流れてしまったりと住宅の構造自体に影響を与えてしまう可能性もあります。トイレの中を見渡してみて特に異変はないように感じても、壁紙や床材の下が水浸しになり、最悪の場合は腐ってしまうなどの被害が発生します。また集合住宅の場合はさらに深刻になるケースもあり、基本的に水は上から下へと流れていくことから、マンションなどの場合は下の階の住人にも迷惑をかけることにつながります。他の部屋にも被害が及ぶことで、住人や物件のオーナーから損害賠償を請求されるケースもあることから、集合住宅の場合は万が一に備えて損害賠償をカバーすることができる保険に加入しておくなどの準備が必要です。

■まとめ
トイレで起こる水漏れは、タンクや給水管で起こるもの、便器で起こるものの2つに分けることができます。ネットなどでトイレ 水漏れと検索すると作業の手順も出てくることから、経験がある人であれば自分で修理をすることもできますが、基本的には修理業者に依頼をして修理してもらうのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース